トップページ 商品一覧 買い物かご 支払い・送料 会社概要 shops.net

ミンク鯨 脂すのこ

鯨の種類には、大別して、ひげ鯨と、歯鯨とがあります。

ひげ鯨は、ナガス鯨、ミンク鯨に代表され、体長が大きくえ、さは主に、小型のエビ(アミ)や小魚で、南氷洋に多く生息しています。

ひげ鯨の肉は、赤身を帯び柔らかく、味も良く、そして肉は無論のこと、内臓や、骨にいたるまで利用されてきました。

しかし今では、ご存知の通り、国際捕鯨委員会(IWC)によってこれらの商業捕鯨は禁止されています。
そのため日本には、調査捕鯨による年間約500頭(内、北太平洋約100頭)のみが入荷されている現状です。

歯鯨は、ツチ鯨や、ゴンドウ鯨に代表され、比較的体長も小さく、さらに小型のものを“イルカ”と呼んでいるものもあります。

歯鯨は主に、アジやサバ、イカ等の魚を主食とし、肉も黒ずんでいて、あまり食用にはむいていません。

<お刺身用 脂すのこ>
ミンク鯨です。鯨の胸ヒレの付け根の部分で、霜降りがあります。
尾の身より少々硬いですが、お手ごろの価格で、鯨の霜降りを十分堪能できます。

FB

お刺身用 脂すのこ 100g〜120g

価格: 2,700円

(本体2,500円・消費税200円・送料別)

1角約100g〜120g

個数:

配送はクール宅急便になります。(クール代別途用)